不倫にしかない性の快楽


インターネットの、不倫サイトで体験をしたいと思っている人たちも実際には非常に多いと言われているのです。

しかし、ここにリスクがあれば、やっぱり、思ってはいるものの、断念する人たちも多いことでしょう。

しかし、そういうものではありません。サイトを使用すれば、私達は一番リスクを回避出来るのです。既婚者にとってのリスクとは近所のことです。

インターネットの世界は、家からちょっと遠く離れた場所へ、既婚者を近所を飛び越え連れて行ってくれるのです。これが、インターネットのメリットです。

そして、そのサイトに依存して、どんどん既婚者が新しい場所に新しい刺激を求めているのです。
実際に、ここにリスクがあれば、そんな行為など敬遠してしまうものです。サイトを通じて、ある程度安心かなという判断が出来た時に、既婚者はその方向へ向かっていくという感じです。

当たり前と言えば当たり前です。その行為自体アブノーマル的行為です。

不倫をしている人たちを回りの人たちはどう判断するでしょうか。出来れば、そんなアブノーマルな行為はしない方がいいに決まっているのです。

しかし、私達の性の快楽ってこのアブノーマルに依存することによって大きな刺激を得るとていうことはご存じでしょうか。性の快楽とは侵犯なのです。何か規範があり、規範を良くないと知り、乗り越えることが性の刺激です。不倫にはまった人たちは、そこにしかない性の快楽を知っています。

最新記事

  • 夫婦とは非常に刺激に乏しい

    2014年6月6日

    一体不倫に対して、どんな魅力が備わっていると言うのでしょうか。正直に言えば不倫したいと人たちがインターネットの出会い系サイトに溢れかえっているのです。

    結果、不倫サイトと言うものまで誕生しました。特化して出会い系サイトの運営会社は経営で出来るという自信まで持っているようです。

    実際に、既婚者は、そろそろインターネットの世界に刺激されてそろそろ自分も挑戦でもしてみようかと思いはじめたようです。していけないことを挑戦したいと思い、群集心理のようなものに誘導されました。

    インターネットの中で群集心理に刺激されて、やっても大丈夫という気持ちにシフトしました。しかし、百%安全なんて保障されないのがその世界です。

    しかし、百%安全なんて保障されない世界だから、刺激的に魅力的なのです。やってはいけない。やってもいいかな、そろそろ一度自分も体験したい・・・。こんな感じでとうとう既婚者もその道を進みはじめました。

    しかし、不倫する人たちは刺激の渦中で言います。なんと私達の夫婦生活は刺激に乏しいものだつたのかと。実際にはそれでも昔は違っていたのです。

    刺激はここにあったと思っていたのです。しかし、気がつけばそこに刺激がなくなってしまっていたのです。夫婦とはそういうものなのです。長年続けると日々ちょっとずつ消費しているものがあります。

  • 大人としてのルールは守る

    2014年6月4日

    大人として、不倫サイトもいいかもしれませんが、やっぱり恥ずかしくない行動しなければならないです。実際に、インターネットと不倫サイトと言うと、ちょっとマナーなど忘れて向かっていく人たちも多いと言うではありませんか。

    今それを探す人たちにも、実際にはこういうインターネットのサイトって非常に大人気ですって。 妻や旦那に飽きたという人たちが積極的に新しい出会いを求めているようです。

    なんでみなさん求めているのでしょうか。やっぱり、刺激体験がしたくてしたくて仕方ないのです。でも、その人たちにも節度があって、サイトでなければ、その節度も働いていたのだと思います。インターネットというバーチャルの世界だからついつい新しい刺激を求めてしまったのです。

    不倫関係は楽しい。しかし、守らなければならないのはルールです。自分がただ気持ちよくあればいいという発想は間違いです。相手のことをしっかり尊重しなければならないです。

    果たしてみなさんにそういう心構えが出来ているでしょうか・・・。もっともっと不倫に対して意識しなければならない問題があります。その世界を汚さないための配慮だって必要なのかもしれません。

    決して他人にバレテは駄目と思っているのです。実際に他人にばれれば、離婚の危機に陥る可能性もあります。しかし、この危機はやっぱり二人がリスク回避する努力をしなければならない問題だと思いますね。

  • 不倫サイトが日常生活に必要。

    2014年6月3日

    不倫ってやっぱり客観的に見て、やってはいけないことだと思っているのです。インモラルな世界だと思いますよ。まさか、私がそのインモラルな世界に没頭することとは思わなかったです。私にはしっかり妻子がおります。実際にあってはならいな恥ずかしい体験をしているのです。

    しかし、私だけでなく、やっぱり願望って誰でも持っているものなのではないでしょうか。そして、決して近付いていいけないことを知っているものの、気付けばしていると言う感じなのです。

    リアル社会でなかなか警戒しているものの、インターネットの世界だから、甘えた部分もあるのかもしれません。

    インターネットだから、私達は、家の中からちょっと出会い系サイトにでも挑戦してやるかという気分になってしまうのです。

    気がつけば、こんな私がインターネットで・・・。そうか、これが不倫か・・・と気付いた時はもう抜け出せないのです。それ以前、非常に新しい刺激であり、無我夢中で愛し合っていましたからね。何で、こんなに刺激的なのか言えば、やっぱりいけないことを私達がしているからです。

    でも、この刺激って実際に、私達の日常生活でも非常に大事なことなのです。私、その行為をして思う訳ですが、不倫がないから、私達はどんどん老いてしまうのだと思います。

    その行為は、家庭をこれから頑張って守っていこうというモチベーションに非常に効果的なのです。私なんていわば、家庭を守るためにしているような感じなのです。

  • ストレス解消のための不倫

    2014年6月1日

    私は会社員です。実際に最近コンプライアンスコンプライアンス、法令遵守、個人情報保護・・・。もう日々ストレスの塊ですよ。

    実際に私はインターネットもそれ程得意ではありません。目が疲れるし、肉体労働は、肉体が疲労するかもしれませんが、肉体によってある程度精神のストレスが発散出来るメリットも存在しています。

    しかし、今、このインターネット社会にそういうことは一切ありません。しかし、謝罪謝罪・・・。本当日々クレームばっかですよ。実際にこういう世界で、みなさんがイライラしているのかもしれません。

    私、実際にインターネットが苦手・・・というものの、インターネットにこんな感じで向き合っていれば、インターネットによってストレス解消方法もあるのではないかと探ってしまうものではありませんか。

    そう、私達がちょっとそういうストレスから解消されたかなという気分になったのは、不倫サイトに依存するようになってからです。

    実際に、相手は私達の仕事にとって非常に都合いい場所に住んでいたのです。私は、その女性に対してちょっと仕事のついでよったという言い訳を使います。

    ついでだから不倫しているというモチベーションって実際に大事なことです。

    本当のこと言えば、その関係に真剣に向き合うなんて正気な人たちがやることではありません。しかし、このついでの意識は、いつの間にかどんどんどんどんマジになってしまうのも、この行為です。

  • 割り切った体だけの関係

    2014年5月31日

    不倫サイトって、今、インターネットの世界に滅茶苦茶あります。そんなサイトなんて私は利用するはずがない!・・・と言う人たちが現在まさに利用しているようです。

    ネットにはついつい利用してしまう魔物が棲んでいるようです。実際にその行動はリスク多き問題。みなさんの潜在意識の中に離婚と言う言葉が存在しているものと思っているかもしれませんが、案外、みなさんこのプレイと言うものを楽しんでいるようです。

    実際に、不倫サイトは非常にリスク多いのは事実かもしれませんが、ルールをしっかり守れば、リスクなんて全然回避出来る問題です。

    そのプレイとしての刺激だけを堪能出来るのです。何が大事なのかと言えば、あなたがしっかりルールに従うことと、相手もしっかり同意することです。相手の裏切りは非常にリスクの多い問題です。

    だから、サイト内でしっかり相手を見極めなければ駄目です。それが非常に大事なことです。本当のこと言えば、サイトの相手は既婚者と既婚者です。相手も既婚者だから、既婚者の痛みもルールもしっかり理解出来ているはずです。

    お互いの傷をなめあうようなところもあるのです。そして、相手も同じ傷を持っているから、その愛に熱中もしてしまうのです。不倫に溺れても、いつかは卒業しなければならないものです。

    果たしてこんなに楽に出来るインターネットの世界で、そういう覚悟まで果たしてしっかり出来ているのでしょうか。

  • 家庭が大事な私が不倫する理由

    2014年5月29日

    実際に四十歳となれば、社会的に嫌でも責任負わせられる時期ではありませんか。こういう場合に男性はやる気満々になると言う方向性も確かにあります。

    しかし、社会に潰されようとして耐えている私って、本当の私の姿?って思う場合もあります。

    本当にこんな足枷のある生き方って人間にとつて正しい生き方なのでしょうか。しかし、私達は足枷はめられても守っていかなければならない家庭と言うものが存在します。

    家庭とはそういうものです。家庭を守るために私は生きている。しかし、家庭がまたまた足枷ではありませんか。

    こんないい方よくありませんが、時々私はすべての足枷を取り除く夢を見ます。しかし、そんなことが実際に私に出来るはずありません。そして時々自分ってうつ病にかかったのかも・・・と思う瞬間があります。

    ヤバイと思いましたね、このままの状態では・・・。そういう時に私の浮かんだのは、不倫の発想です。良くないことだと思いますよ。

    しかし、実際にして、私を現在救ってくれているのも間違いないことなのです。
    この関係が私に何で存在してるのかと言えば、家族を守り、家庭を守るために社会の足枷をしっかりはめられるためにです。

    私にとって息抜きの方法とは、このインモラルな方法なのです。非常識と誰かはきっと言うてしょうが、全然気付かなかったですね。

    そして、インモラルだとしても、しっかりルールを守れば、絶対的にそこにリスクなど存在しません。私にとって一番大事なものが家庭なのは以前と何も変わりない訳です。